『あつまれ どうぶつの森』あつ森日記1日目「とりあえず無人島へ!」


楽しみにしていた『あつまれ どうぶつの森』(通称:あつ森)がついに発売されました!
しかも発売日は3月20日(金)春分の日ということで、3連休の初日に発売!
ということは、深夜0時からプレイ可能なはず!
そんなわけで、「この3連休は、あつ森しまくるぞ!」と息巻いていた私だったんですが…。

急遽、リアルにお仕事が入るというね…。
いや、なんてこった、マジふざけるなよ会社!
リアルに会社辞めて無人島に行ってやろうか…。

というわけで、完全に出遅れちゃったんですが、発売日の深夜になって眠い目をこすりながらようやく始めることができました。


まず最初はキャラクターメイク。
キャラメイクは後でも変更可能なので、ひとまず適当にこんな感じで。
かわいらしい女の子にしてみましたよ。
キャラメイクを済ませたら、いよいよ無人島へ!


と、ハヤる気持ちを抑えつつ、移住先の島を決めることになります。
4つの候補から選ぶことができるんですね。
つっても、正直「どうぶつの森」はド素人なので、どれがいいのかよくわからない…。
適当に選択するしかなく、右上の無人島を選びました。
なんかすみっこ感が性格を表していると思いますよ。
落ち着きますよね、すみっこ。


「無人島にひとつだけ持っていくなら何?」というありがちな問いかけをされました。
意外と真剣に悩んだ挙句、「ヒマつぶし」を選択。
電車とかに乗って暇つぶしできるものがないと発狂しそうになりますからね。
でも、リアルで無人島に行くなら間違いなく「灯り」を選びますけどね!
理由は、他の3つはなんとか現地調達できそうだから。


ようやく無人島に到着!
なんか知らん間に緑と青の謎生物がおりますね。


広場でタヌキチ社長から説明を聞きます。
その後、用意されたテントを受け取り、設営場所を決めていきます。
マイホームはまだ建設できないっぽいですな。


どこでもいい…というか、どういう場所が最適なのかよくわからん。
なので、直感で、広場のすぐ近くに設営することにしました。
何かと行ったり来たりすることも多そうなんで。


ところで初期住人のお二人を紹介しておきましょう。
まずは、青色の謎生物・タケルさん。
たぶんシカ。
「オイラ」って言ってるんで男の子です。


緑色の謎生物・チャーミーさん。
たぶんクマで、たぶん女のコです。
カメラのほうを向いてしゃべっておくれ!


親睦会のキャンプファイアをやることになりました。
無論、無人島ですから、燃料や食料などの必要物資はすべて現地調達!
というわけで、さっそくお使いクエ発生の予感がするなぁと思ったら、「木の枝10本」と「モモ6個」を取ってこいという任務を任されました。


木の枝はそこらへんに落ちてるので拾っていく。
ついでに、意味もなく雑草を抜きまくったりして無駄に時間使ってます…。
最初なので、雑草抜いてるだけで楽しいんですよ…。
モモは木をユッサユッサ揺すると落ちてくるので拾えばオッケー。
他にも、石とか雑草とか貝とか落ちてるので拾うことができる。
魚とか虫とかも早く取りたい。


なんとか必要物資もそろったのでモモジュースで乾杯。
陽が落ちて夜が更けていきます。

親睦会が終わっても大してやれることは増えないので、半強制的にテントで就寝となります。


夢の中でギターを持ったイヌっぽい白色の謎生物が登場。
しかも、語りかけてきます。
彼曰く、このゲームの中では「現実と同じ時間の流れ」が流れることになるらしい。
ふむふむ、何となく聞いたことがあったので、どう森初心者のわたしでもすぐに理解しましたよ。


で、目が覚めると朝かと思いきや、まだ夜!
現実と同じ時間が流れているので、プレイ時間帯の夜10時頃というわけです。


タヌキチ社長からスマホをプレゼントされ、ついでに何やら書類を渡されました。
何かと思えばそれは請求書。しかも、その金額49800ベル。
画面右上の「0ベル」でお察しですね…当然払えるわけないんですよ。
これは何かの詐欺なのか。
そこで、悪徳タヌキは、代替案を提案してきます。
代わりに何を要求されるのかと思いきや、それはマイルで支払うというもの。
どういう理屈かまったくわからんのだけど、マイルで支払うと5000マイルでいいらしい。
要するに、1マイル=10ベルというレートなんですかね。
キツネにつままれたような感じなんですが、5000マイルでチャラにしてやると言われます。


で、マイルが何かというと、島での活動に応じてもらえるポイントなんですね。
島での活動というのは、要するにチャレンジクエ的なアレです。
魚10匹釣ったとか、雑草を20個売ったとか、1000m走ったとか。
そういう特定の条件をクリアするごとにポイントとして「マイル」がもらえます。


1つのチャレンジをクリアするごとに300~500マイル程度もらえる感じ。
最初はチュートリアル的に言われたことをこなすだけで1000~2000マイルをもらえてしまいました。
これなら何とかなりそう、と思えてきます。
で、いろいろやってなんとか5000マイル貯めたんですが、その話はまた次回。

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280