アンティル・ドーン ♯29「俺はお前の指図を受けない」

(あらすじ)
サムがマイクと合流した。

炭坑 6:10(ジョッシュ)


最終章「懺悔」です。
夜明けはもうすぐそこ!


ドクターヒル
「いままで行ってきたセッションのすべてが…」
「無意味に思えてきたよ」
「私の言うことを聞かなかったおかげでこのザマだ、ふん」

今回は、めずらしくドクターヒルのシーンからの開始。
とりあえずドクターヒルは今回も怒り状態で、ジョッシュが叱られています。

ドクターヒル
「あれだけたくさんの人々に愛されて支えられていたのに」
「君は自らみんなを押しやってしまったんだよ」
「残っているのは孤独だけさ」

ドクターヒルはとにかくジョッシュのしでかしたことにあきれ果ててしまっている模様。
そして最終的には、「私はもう行くよ」と言ってどこかへ消えてしまいました。


「どこかへ消える」と言っても二人がいるのはいつもの研究室ではありません。
まぎれもなくそこは炭坑の中です。
なのに、ドクターヒルの机とイスはそこにあるという不自然さ。
一体何が起こっているのか?


ジョッシュ
「俺はお前の指図を受けない」

ネタばらしをすると、ドクターヒルというのはジョッシュが作り出した幻影という設定だったようです。
要するに、ジョッシュは精神的にかなり来ちゃってる(あるいは行っちゃってる)人ということです。
一年前の事故で行方不明となった双子の妹の兄であり、しかも当時二人のそばにいながら彼女らを救えなかったという不甲斐なさからくる罪悪感が彼を精神的に追いつめていたようです(たぶん…)。


ジョッシュが狂ってる証拠にこんなんが見えたりとか。


こんなんとか。


こんなんとか。

もう地獄絵図です。

炭坑 6:00(サム)


場面変わって、前回合流したサムとマイク。
炭鉱を奥へと進んでいきます。
もはや彼らの目的が何だったのか忘れましたが…確か…ジョッシュを探し出してケーブルカーの鍵をもらうということだったような気がします。
それもジョッシュが鍵を持ってるなんて確証はどこにもないはずなんですけどね。


マイク
「墓に見えるな」

まず二人がたどり着いたのはベスの墓。
骨が見えちゃってますが、何者かによって掘り起こされてしまっていたようです。
一体だれが何のために?


大きな水たまりを進んでいきます。
何かが起こりそうだなと思いきや何も起こりませんでした。


ちょっとわき道にそれたところで「ハンナの日記」を発見。
なぜか地べたにそのまま置かれていました。
ここにハンナがいたってことなんだろうか…。
だとしても、脱出すらおぼつかないハンナはどこから日記帳を調達したんだろうか。
文字を書くためのペンはどこから持ってきたんだろうか。
考え始めると、そういう細かいことがすごく気になってしまいます…。

その日記によれば、事故後、ハンナはしばらく生きていたようです。
ベスの墓を作ったのも当然ながらハンナということになる。
そして、次第に激しい「飢え」がハンナを苦しめていきます。
「生きるためにはこうするしかないの」ってあたりがこの後のことをすべてを物語っております。
ハンナはベスの墓を掘り起こして…パクパク…。
こうしてハンナはウェンディゴになっていったという。
事故後30日も経っているので、肉が腐ってないか心配になりますが、冬場の山の上とかだと大丈夫なもんなんですかね。


水たまりを抜けたところにある重そうな扉をサムが開けます。
すると、大規模な停電が…じゃなくて暗転が起こりました。
このあたりのシーンは、暗転のせいで本当に何が起こっているのかわからない…。


マイク
「ジェスだ…」

サムやマイクのセリフから推し量るに、ドアを開けたらジェスの死体が出てきたという状況みたいです(どんな状況?)。
しかも、暗転したということは、CERO的には「とてもじゃないけど見せられない」状態ということなわけでして…、それでもジェスと判別できたということは、最低限でも首から上はあったはずだということでして…。
というかたぶん首しかなかったんだと思う…。
それがコロコロ転がってきたみたいな感じでしょうか。


マイク
「吐きそうだ」

さらに二人が別の場所に退避した後もさらに暗転シーンが続きます。
なんでマイクが吐きそうになっているのかもまったくわからないのですが、ここにも見せられな何かがあるということみたいです。

※後日、海岸版のプレイ動画を確認したところによると、複数の首なし死体が天井からぶら下げられているという描写のようです。その動画では、上の画像の右下に映っているカゴにアシュリーと思われる首が映っていましたが、私の場合はアシュリーは生存しているので映っていません。おそらく、ここまでの死亡キャラ数の分だけ死体がぶら下がっているというマルチエンディングならではの演出なのだと思うのですが、修正のせいで台無しですね…。


その後、偶然に偶然が重なったとしか思えませんが、サムとマイクがジョッシュを発見して合流します。
そんでもって、ジョッシュからケーブルカーの鍵を無事に受け取りました。
ここまでくるとケーブルカーの鍵とかどうでもいいんですけどね…。

続きは次回。

次回:アンティルドーン#30
前回:アンティルドーン#28

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280