アンティル・ドーン ♯30「ジャジャーン!」

(あらすじ)
サムとマイクは炭鉱の中でジョッシュと合流した。

炭坑 6:14(ジョッシュ)

ケーブルカーの鍵もゲットしたし、次はロッジに戻ることになる。
ロッジにはサムが追い返した他の生存者メンバーがすでに戻っているはずですから。
そして、なぜかサムは「こっちの方が近道」みたいなとんでもなく直感的な理由でロッククライミングでロッジを目指すことになります(意外と筋肉バカ)
マイクとジョッシュの二人は「ロッククライミングは無理」という理由で来た道を引き返してロッジへ向かいます。
相変わらずの弱い理由付けでわざわざ別々のルートを進んでいくことに…。
3人で戻ればいいじゃん?って思いますけど…。


サムと別れたあと、ジョッシュ操作に変わります。
マイクが先頭になってくれるので、その後をついていきます。
サムと来るときに通過した大きな水たまりも再び通過する。


そして、満を持してラスボス登場…。
先頭を行くマイクではなく、なぜかジョッシュが襲われます。


ジョッシュ
「ハンナ!」

もちろんそのウェンディゴの腕には「蝶のタトゥー」が。
ジョッシュは思わず妹の名を叫びます。
なんという兄弟愛でしょうか…。
このゲームにこんな深いテーマが込められていたとは…。


こちらがビフォーのお姿になります。
姉妹の腐肉を食らうという大罪を犯し、立派なウェンディゴになることができました。


ジョッシュ
「やめろーーーーー!」

兄の声が届いた…のかどうかは知りませんが、ジョッシュは殺される(食べられる)ことなくそのまま引きずられて行ってしまいました。
ジョッシュの運命やいかに…。
ていうか、今思い出したんですけど、前もこんなシーンありましたよね…。
記憶をたどると…、謎の男とクリスとで納屋にジョッシュを探しに行くくだりです。
あのときは結局ジョッシュの姿はすでになかったわけですが、そのあとハンナウェンディゴに引きずられて行くシーンがありました。
あのあとも結局は殺されることなく、おそらく今から思えば、ウェンディゴの巣である炭坑に連れていかれて、そのまま放置されていたんですね。
ハンナはやっぱりお兄ちゃんが大好きなんだなぁ…。


ジョッシュがハンナウェンディゴに引きずられて退場する場面を横目で見る我らが大将・マイク氏。
個人的にマイクのこの表情がたまらなく好きです。
なんて言うか、人間らしさが出てますよね。

炭坑 6:24(マット)


マット
「ジャジャーン!」

久々にマットさん登場です。
通信塔が倒れてエミリーとはぐれて以来の登場ですね。
「アイツ結局どうなったんだろ…」とときどき気にはなってはいました(いや本当に)。
ちなみに、マットがエミリーと離れ離れになったのが午前2時半頃です。
現在の時刻が6時半なので、ここに来るまでに3時間くらいあったわけです。
マット、お前どこで道草食ってたんだ???
まさかエミリーが怖くて逃げまわってたとかかな?


そんなマットさんですが、安定のウェンディゴ展開へと突入していきます。
終盤になるごとに、話のゴリ押し感がハンパないですな!


「走り続けろ」と「突き破る」の二択が発生。
この場面で「突き破る」意外の選択肢があったら教えて欲しい。


板を突き破って身を隠し、何とかウェンディゴをやり過ごします。
久々に登場したと思ったらウェンディゴから逃げるだけという非常にあっさりし展開のマット編でした。

炭坑 6:36(サム)


続いて、ロッククライミング大好き女・サムちゃんです。
今日も元気にロッククライミングしてきます。


気のせいかもしれませんが、心なしかQTEの入力待機時間が短くなっている気が…。
いや、気のせいじゃなく間違いなく早くなっているよな…。
でもこのくらい早いほうが歯ごたえがあって楽しいかも。


崖上まで無事にあがったら、ロッジまで徒歩で移動していきます。
お外は室内に比べると怖さ半減という感じですが、途中でウェンディゴに追いかけられる展開になります。
直感で生きるサムはロッジまでダッシュで駆け抜けます。


サム
「ねえ開けてってば!」

ロッジにたどり着きますが、ドアに鍵がかけられていて中に入れない。
しかも、ドアをバンバン叩きますが、誰も出てきてくれません。
クリス、アシュリー、エミリーの3人は随分前に引き返してきているはずなのですが…。


その直後、カメラ視点がサムの背後に変わって嫌な予感が急上昇!
ていうか、この流れはチャプター1でもあったような気がする…。
あのときはクリスだったわけですが、まさあれは巧妙に仕掛けられた伏線だったのか!?
ということは今度もまたクリス…。


サム
「うそ…マイク!」

じゃなくてマイクでした…。
ちょっと期待外れでしたけど、まあそりゃそうか…。
てゆーか!ロッククライミングで来るのと、引き返してくるのとで大して時間的に変わんないじゃん!
だとしたら、サムはロッククライミングする必要あったのか???

続きは次回。

次回:アンティルドーン#31
前回:アンティルドーン#29

スポンサーリンク
広告336×280

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280